• 化粧水の一番の効果は肌を保湿して健やかにする

    • スキンケアで重要な化粧水の効果は、「肌に水分を補給してキメを整える」というものです。洗顔後に使われることがほとんどですが、洗顔後は汚れを落とすだけでなく、肌に在った皮脂やセラミドなどの潤い成分も全てきれいに洗い流された状態なので、水分補給は特に必要となります。

      化粧水の効果についてお答えします。

      非常に乾燥しやすいタイミングなので、化粧水に使われている保湿成分を速やかに補いましょう。保湿をせずに放置しておくと肌の一番外側にある角質層から水分が蒸発しやすい状態になり、乾燥がひどくなると毛穴が開いて目立つようになったり、キメの粗いゴワゴワ肌の原因になってしまいます。



      また洗顔後は肌がアルカリ性に傾くのですが、化粧水をつけることで弱酸性という本来の状態に戻りますので、肌のためには使う方が断然良いです。



      さらなる効果として挙げられるのは、肌の角質層を柔らかくして次の美容液の浸透を助けるということです。

      美容液の通り道を作るという大切な役割も担っています。

      化粧水を使うことの大きな意味は、非常に薄い角質層を保湿して健康的な肌を作るという効果を得るためです。

      正常な角質層にはいつも水分が15〜20%存在しており、その場合は肌がもちもちしてハリもあるのですが、角質層が乾燥してしまうとつっぱり感が出て、しわやたるみなど様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。化粧水の成分の95%程度は水分とアルコール類と言われていますが、その残りはグリセリンなどの保湿成分です。

      ほぼ水とも言えるものですが、実はその残りの成分が肌にとって重要な効果を発揮します。

      配合されている保湿成分をしっかり確認して選びましょう。

  • 化粧水の予備知識

    • 化粧水の効果と必要性

      化粧水の効果は、「肌に潤いを補給して角質を柔らかくする」というものです。約80%前後が水で、その残りに保湿成分など美肌に必要な成分が入っています。...

  • 化粧水の常識

    • 化粧水の効果と使い方

      スキンケアの基本は、洗顔後に化粧水、美容液、乳液やクリームをつけていくことで、肌の調子は整えることができます。洗顔後の化粧水の効果は、洗顔で落ちてしまった水分を補って、その後につける美容液や乳液などの成分を浸透しやすくする効果が期待できます。...

  • 化粧水の基礎知識・化粧水をよく学ぶ

    • 化粧水の効果的な使い方と注目すべき浸透力

      化粧水の効果的な使い方にはタイミングやコツがあります。タイミングは洗顔後すぐにつける必要があり、肌の水分が蒸発し始める前につける方が良いです。...

    • 化粧水の効果について

      化粧水の効果は肌に水分を補給してキメを整え、肌を柔らかくすることです。洗顔後は天然の保湿成分である皮脂などの潤いも一緒に洗い流されて落ちてしまい、肌が乾燥していて一番無防備な状態になっています。...