雨漏りと聞くと、一般的には戸建ての住宅で発生することをイメージされることかと思います。雨漏りと聞いてすぐに思い浮かぶのが天井からぽつぽつと雨水が落ちてくるようなケースではないでしょうか。しかし、雨漏りと一口に言っても、ぽつぽつと雨水が落ちてくるような場合だけではありませんし、そのような場合は雨漏りとしてはすでに重症化してしまっているケースです。それまでに水がシミのように天井に渡っていて気が付くような場合もあります。

また、天井だけではなく、窓のサッシなどから水が入ってくるようなケースもあります。マンションなどの集合住宅に住んでいると、最上階ではないので大丈夫と過信しがちですが、マンションでも当然のことながら雨漏りをする可能性はあります。また、マンション雨漏りは集合住宅であることからその対応は戸建てとは変わってきます。マンション雨漏り時は工事をしようと思っても、戸建てのようにすぐに着工とはいかない場合が多々あります。

集合住宅という特徴上、自分の家の都合だけで工事を始めるわけにはいかず、上下、左右のお部屋に挨拶をすべきですし、配管や状態などが戸建てとは異なるので、調査、調整で時間がかかる場合もあります。しかし、雨漏りですので、すぐに対応しないと建物全体にとってもよくありません。マンション雨漏りを引き起こしてしまう前に、定期的に建物のメンテナンスを行ったり、点検をしておくことがマンションなどの集合住宅の場合重要になってきます。トイレの水漏れ修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *