建物は一生物ではないので、必ず劣化はします。普通の木造住宅でも起きますが、マンション雨漏りでも同じです。マンションと呼ばれる建物は、鉄筋コンクリート構造ですがこの構造体で、もしも雨漏りが生じた場合は重大な欠陥の一つになります。 鉄筋コンクリートは、鉄筋と呼ばれる骨格の周りをコンクリートが覆う事で頑丈な構造となってます。

鉄筋はご存知のように錆びます。これは、酸性に弱いからです。その酸性に弱い鉄筋を、アルカリ性のコンクリートが保護する事で強度を保ってます。 しかし、コンクリートと言っても長年の雨や車の排気ガスや紫外線によって、徐々にアルカリ性が失われて、中性に近づいていきます。

酸性になる事はありませんが中性が鉄筋まで届くと、初めて鉄筋が錆始めます。錆びると鉄は膨張し、コンクリートにひび割れを生じさせます。そこから、雨水が侵入してこの手の構造のマンション雨漏りへと繋がります。  コンクリートひび割れを正しい対処でもって補修しなければ、錆がどんどんと進行し構造その物がダメになるのです。

マンション雨漏りになる部分は、屋上、ベランダ、壁などです。どこの場所で発生しても、防水施工の専門業者が補修を行います。 屋上であれば、ひび割れ部分にV目地を刻み防水シーリング剤などを充填しますが、それだけでは不十分なので、シート防水材を接着張りして、雨水の侵入を防ぐ方法が信頼度が高いです。 壁も、同じくVカットして防水施工します。

仕上げは大抵は塗装仕上げですので、色合わせを行い調整します。 マンションの雨漏りは、構造自体への影響が大きいので、早めの対処が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *