マンション雨漏りが発生した場合には、戸建等に住んでいる場合と違い、どのように対処して良いか迷ってしまうものです。マンションの場合には、屋根等の部分については共有部分として扱われるようになっています。室内に雨漏りが発生してきても、自分で修繕を行うわけにもいかず、通常は管理組合に修繕を依頼していくことになるものです。管理組合に修繕を依頼するのですから、当然、積立金の中から支払っていくことになってくるものです。

ただ、自分の部屋の天井等の場合には、専有部分になってきますので、自己判断での修繕が可能になってきます。特に賃貸マンション雨漏りの場合には、借主と貸主のどちらが修繕に関する費用を支払っていくかについて問題になることも多いです。マンション雨漏りが発生した場合には、購入をして住んでいる場合と、賃貸で住んでいる場合において対処の仕方は大きく変わります。買って住んでいる場合には、管理会社に連絡を入れ修繕を依頼することになっていくでしょうし、借りて住んでいる場合には、貸主や管理会社へ連絡をいれるようになっていくものです。

マンション雨漏りが発生した場合には、どう対処をして良いか悩んでもしまうものです。慌てずに落ち着いて対処を行い、快適な住空間を保つように心がけましょう。買って住んでいる物件であっても、借りて住んでいる物件であっても、まずは管理会社に連絡を入れてみることが大切です。落ち着いて対処を行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *