不断水工事は従来型の配管工事と比較して工事期間を短縮することができます。また工事期間の短縮により人件費などのコスト削減も可能です。不断水工事を行う技術には分岐工法と凍結工法が存在します。特に凍結工法は営業中のデパートなど、大型施設でフロアごとに配管工事を行うのに最適です。

かつては配管工事を行うために古いバルブを閉じる必要がありました。古いバルブには赤錆が付着しているので配管内の水が汚れます。そのため分岐管などを設置した後に清掃が必要です。また工事現場一帯で断水が生じるので周辺住民への告知などの対策が求められます。

不断水工事では作業に付帯する様々な手間を省略できます。また工事自体にかかる時間も短いため、総合的な工事期間を短縮でき、人件費などのコスト削減につながります。分岐工法が穿孔機のドリルを使用して既設管に穴を開ける工法です。穴を開ける際に発生する切屑は水圧で押し出されるので配管内が汚れることはありません。

凍結工法は液体窒素で作業箇所の両端を凍結させます。凍結部分はバルブの代わりとして機能します。分岐工法も凍結工法も古いバルブの開閉は不要です。凍結工法を採用した場合には凍結部分のみ断水が生じますが、全体的には水が流れたままの状態を維持できます。

不断水工事では工事現場周辺で広範囲な断水が生じることはないので、周辺住民への告知や給水車の手配などの作業が不要となります。従来の方法と比較すると短い期間で簡単に配管工事ができるという特徴を有しています。名古屋の水漏れつまりのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *