水道に関わる工事を行う際には、一時的に給水を停止しなければならないのがこれまでの工事の主流でした。しかし水道が止まる、給水が一時的とはいえ停止されると言うのは、生活にとってはとても大きな支障です。一般家庭でもそのために水をためておく必要がありますし、特に大規模な施設、病院などにおいては、そのことが利用者さんの健康状態を損ねてしまうことにもなりかねないと言うリスクを含んでいます。そこで開発されたのが不断水工事です。

現在では、水道に関わる工事においては、この不断水工事が主流となっています。これは簡単に言うと、既設されている菅を断つことなく工事を行うと言う内容です。不断水工事の特徴は、水を止めることなく、水道に関する工事を行うことができると言う点です。ですからまず水道関係の工事に際して、一時知的に断水されると言うことを周知する必要がなくなります。

勿論、それに伴い家庭や施設などで水をためておくと言う必要性もなくなり、また特に施設や病院などにおいては、一時的な断水で発生すると考え得るリスクに対しての備えも不必要です。更に断水が解除されたことを周知する必要も不要ですし、給水が滞りなく再開されているかの確認もしなくても良いです。一時的な断水の後の給水は、水が濁っていたりすることも多いのですが、それに対しての心配もいりません。このように生活への影響をほとんど懸念することなく、水道関係の工事を行うことができるのが不断水工事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *