不断水工事は水道を断水させることなく工事を行うことができる方法として近年非常に注目を集めており、ほとんどの工事がこの不断水工事で行われています。そのため水道を利用している人は工事が行われていることに気づくことなく水道を見ている通り使用していることが多いのです。このように影響を与えることなく効果的に水道工事が行えるとして注目されている不断水工事ですが、注意しなければいけない点があります。それは水質汚染に対して十分な注意を払うことです。

工事に使用する機材が汚れていたり、適正にメンテナンスがされていない場合にはそこから水道に異物が混入してしまうことがあり、大きな問題となってしまうことがあるため注意が必要です。不断水工事は専用の工具を水道管に挿入し水道管の中の水の流れを変えることによって目的とする工事の場所に水が流れないようにし、作業を行う方法です。そのため一時的に挿入した専用の工具の中を水が流れることになり、この工具の内部が汚染されていた場合には水にその汚れが付着しそのまま水道として流れていってしまうことになるのです。一般的に断水などを行い工事を行う場合には、利用している人は断水後の水質について神経質になることが多いものです。

また水質について確認するように通達が発行されることも多いのですが、不断水工事の場合には利用者が知らないうちに工事を完了してしまうことが多いため、水質の変化に気がつかないことも少なくありません。そのため工事を行う場合には十分な配慮を行い、水質の汚染をしないように注意して工事を行うことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *