不断水工事は平たく言えば水道工事で水道を止めないで出来る工事の方法をいます。その手順は既設管にコスモバルブ又は割T字菅と仕切弁を取り付けます。仕切弁を開いていることを確認しながら穿孔機を取り付けます。穿孔機の意味は穴をあける機械の事を言います。

穿孔機のカッターを前進させ既設管に穴をあけます。穿孔機のカッターを元に戻し仕切弁を戻します。穿孔機を取り外し分子側の配管が完了した後仕切弁を開け通水します。このような流れで工事を行っています。

今では断水工事をするのに何もありませんが、昔は断水工事をする時は宣伝カーでその地域を回って告知をしていました。現在ではほとんどそんなことはないですが、水道が茶色く濁った入り一時的に止まってしまったりしました。水道が止まると毎日使うものですから大変な状況になることは予測ができます。しかし水道工事は現在も頻繁に行われています、耐久年数が過ぎ配管を毎日取り換える工事が毎日行われています。

不断水工事ができるようになった為何も変化なく水道を使用できますがこの工事ができなければ昔と同じような状況になっていたでしょう。そしてこの不断水工事は下水においても空気版の追加設置、バイパス管路の為の分枝設置やバルブの追加設置に採用されています。現在では水道が故障しないのが当たり前のようになっており、なんの意識もしないで使い続けていますが。毎日の生活が何も問題なく過ごせるのは不断水工事ができるようになったことが一つの理由です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *