不断水工事は水の流れを止めずに配管工事などを行うことができる方法として、現代の水道管工事等では一般的に用いられている方法です。特に水道工事においては従来は工事を行う際に周辺の住宅に対して男性などの影響が発生していましたが、不断水工事を行うことで断水などの影響がなく、場合によっては工事予告も行わずに作業を行うことが可能であるため非常に有効なものとして広く利用されています。しかし、基本的に不断水工事は工具を使用して新たに水の流れるルートを作り、一時的に本来の水の流れをせき止めその部分の工事を行うと言う方法になるため、工事を始める前と工事の後で入念なチェックが必要になります。工事に使用する工具の中に水に対して不純物を付加するような要因がないか、もしくは工事が完了した後で完了した部分に不純物が混入する要因がないかなどを十分に確認してから作業を行う必要があるのです。

この作業を怠ると、水道の供給を受けている各家庭に不純物が供給されてしまうことになり大きなトラブルに発生する危険性があります。不断水工事は断水などの影響を与えずに工事が行われるため、ゆっくりと時間をかけて工事を行うことができると言うメリットがあります。しかし、水道が停止しない分利用者にとっては工事を行ったと言う認識を与えないことから不純物が購入してもそのまま使い続けられてしまう危険性があるのです。そのため、それぞれの工程において充分なチェックを行い安全に作業を完了することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *