• 化粧水の効果と必要性

    化粧水の効果は、「肌に潤いを補給して角質を柔らかくする」というものです。約80%前後が水で、その残りに保湿成分など美肌に必要な成分が入っています。


    水の割合が多いのですが、その残りに配合されている美肌成分が大きな役割を果たします。
    化粧水の水分が角質層に届いてその効果がずっと続くというわけではなく、潤いはつけたその時だけのものです。

    化粧水の効果の関連情報がご覧になれます。

    肌の水分量そのものを底上げするというものではありません。


    そして、ほとんど水で作られているので使う意味がないと思われがちです。化粧水の保湿効果はつけた時だけで肌の水分量そのものをアップさせるものではないとすると、使用する意味がないようですが、「角質層を整える」ために非常に大切なものです。



    角質層が整うと肌の状態は格段に良くなります。肌の水分を保持する力や肌を守る力を上げたり、水分が蒸発しないように肌を整えて強くするというイメージです。さらに、化粧水の効果は肌を整えるだけではありません。使うことで化粧下地のノリが良くなりますし、美容液の浸透が良くなります。

    また、肌がアルカリ性に傾いている状態を弱酸性に戻したり、肌を滑らかにするという効果もあります。

    種類は「さっぱり」と「しっとり」があり、最近では「もっとしっとり」というタイプもたくさん出ています。同シリーズのしっとりが良かったので、乾燥する季節にもっとしっとりを使うと肌に合わないことがあります。



    配合成分が微妙に変わっていたり配合量が違うためであり、同シリーズでも使い心地を変える場合は慎重にした方が良いでしょう。