• 化粧水の効果的な使い方と注目すべき浸透力

    化粧水の効果的な使い方にはタイミングやコツがあります。


    タイミングは洗顔後すぐにつける必要があり、肌の水分が蒸発し始める前につける方が良いです。なぜなら、顔を洗ってから肌に水分がまだ十分にある状態の方が、化粧水の浸透が良いからです。

    また、保湿成分を早く補って水分を捕まえておかなければ、肌は時間の経過とともに乾燥する一方です。

    特に冬場は急ぎましょう。また、効果的に使うコツとして量を多めにする方が好ましいですが、一度に大量に使うのはもったいない使い方です。


    肌が一度に吸収する量は決まっていますので、吸収されなかった分は行き場を持て余すだけだからです。
    同じ量を使うなら二度づけした方が無駄がありません。
    浸透も早くなり効果的です。

    化粧水の効果の情報探しをお手伝い致します。

    分量は化粧水のボトルに記載されている量を基準にして、自分にぴったりの量を模索しましょう。


    化粧水の効果は配合成分も大事ですが、その浸透率が要になります。

    いくら優秀で貴重な成分を使っていても、肌に入って行かなければ使う意味がありません。

    肌の細胞はナノというものすごく微小な大きさなので、美肌成分もナノ化されたものを使う方が良いです。

    ナノ化やアセチル化という記載があれば、浸透力が高いものということになります。コラーゲンなどの美肌成分の大きさをわざと変えたものを数種類配合し、浸透力を調整しているものもあります。



    肌の表面に効くもの・肌の奥で効くものという風に、独自の技術を使って効果を底上げしている化粧水も支持されています。