化粧水の効果と使い方 - 化粧水の一番の効果は肌を保湿して健やかにする
  • 化粧水の効果と使い方

    スキンケアの基本は、洗顔後に化粧水、美容液、乳液やクリームをつけていくことで、肌の調子は整えることができます。

    洗顔後の化粧水の効果は、洗顔で落ちてしまった水分を補って、その後につける美容液や乳液などの成分を浸透しやすくする効果が期待できます。
    肌は水分があることによって紫外線などの刺激をブロックして、肌を保護しているという働きがあります。


    この働きによってメラニンの過剰生成を防ぐことでシミやくすみができることを防いだり、肌荒れやニキビを予防し、肌のターンオーバーを整えることで肌を健やかにしています。
    それをきちんと補うことによって、美肌などを作ることにつながります。


    そんな化粧水は効果をきちんと出すためには、正しいつけ方をすることが大切です。


    コットンでつける方法と、手でつける方法のありますが、手でつける方が刺激が少なく肌の状態を確認しながらケアできるためオススメとなります。やり方は、入浴後など手が清潔な状態で行っていきます。

    化粧水の効果情報探しのヒントをお教え致します。

    手で行う場合には少なめの量を取り、温めるように手のひら全体に広げます。2〜3回に分けることで肌馴染みが良くなります。
    手のひらで顔全体に伸ばしたら、乾燥しやすい、UゾーンからTゾーン順でつけていきます。

    面積の広い部分は手のひらで、目元や小鼻などは指の腹を使って行います。



    細かい部分は重ね塗りをしていき、最後にハンドプレスして完成です。

    コットンの場合は、顔の中心から外に向かって塗っていき、最後にハンドプレスをして終了となります。